映画の記憶

12月に観た3本の映画。どれも良かったけれど、ツボにハマりすぎたのとテーマが重かったので、しばらく記憶の中を行ったり来たり。
考え過ぎたのか肩が凝りました。

そんな記憶を上書きするかの様に楽しそうな映画をレンタル。

『WOOD JOB〜神去なあなあ日常〜』
は凄く面白く、終始泣き笑い。

『マダム・イン・ニューヨーク』
主演の女優さんが美しく、音楽も一緒に歌いたくなる。そして食べ物が美味しそう! 劇中に出てくる「ラドゥ」というインドのお菓子が気になり、密かに作ってみようとレシピを検索。

電子書籍の小さいやつでレンタルしたが、どちらもスクリーンで観たかったな。
次は『舟を編む』が観たい。
原作は三浦しをん。

『風が強く吹いてる』もすごく好きな小説です。これも映像化されているなー。
箱根駅伝を見ていたら、ちょっと観てみたくなってきた。
今年は沢山、映画を観に行きたいな。
映画は記憶として蓄積されるがしまう場所を必要としないからいい。なんて事を、大掃除をしながら思いました。